人材アドバイザーという職業のやりがいについて【社員インタビュー#1】

こんにちは。カインズサービス秋葉原オフィスです。

今回はカインズサービス秋葉原オフィスに所属している「人材アドバイザー」をご紹介します。

人材アドバイザーとは企業様の人材採用サポートや、派遣スタッフさんの就業時のフォロー役を担っています。

現在、秋葉原オフィスで人材アドバイザーとして活躍されている久木山さんに話を伺いました。

<簡単なプロフィール>

【氏名】久木山 真吾
【年齢】20代
【出身】茨城県
【趣味】筋トレ、読書
【好きな言葉】「一生勉強一生青春 みつを」
【得意な職種】オフィスワーク全般

インタビュアー:秋葉原オフィス 山田

人材アドバイザーのやりがいについて

山田:久木山さん、本日は取材にご協力頂きありがとうございます。

久木山:取材して頂き光栄です。宜しくお願いします。

山田:まずはじめに、久木山さんにとって「人材アドバイザー」のやりがいってどんなところにありますか?

久木山:そうですね。求職者の方に貢献できることだと思います。求職者の皆さんに、適切なお仕事を紹介し、実際にその会社で働くことが決まった場合に、大きな達成感を感じます。これが、まさに人材アドバイザーとしてのやりがいだと思います。

山田:人材アドバイザーの仕事を通じてどんな事を学んでいますか?

久木山: 多くの事を学んでいると思いますが、一つ挙げるとすると、「伝える力」だと思います。私たちは、自分が働いたことのない職場、職種を紹介します。そして、少しでもわかりやすく伝えることが大切です。だから、伝える力をどのように伸ばすかを、日々学んでいると言えますね。

山田:素晴らしいですね。今働いている職場について聞かせてください。久木山さんにとって、カインズサービス秋葉原オフィスはどんな職場ですか?

チームへの想い

久木山:非常にコミュニケーションが活発で、仲が良い職場だと思います。
だからこそ、何事も共有して、メンバー全員で前を向いていくとゆう雰囲気がありますね。
そういう意味で、僕らのチーム力という点では、他の会社さんにも負けない自信があります。

山田:なるほど。ちなみに久木山さんの人材アドバイザーとしての強みは何ですか?

久木山:スタッフさんへの徹底的なフォローだと思います。お仕事が決まるまで、全力サポートすることは勿論のことながら、就業が決まったあとも、全力サポートします。問題があれば、解決のために諦めずに取り組みます。この姿勢は、誰にも負けません。

山田:心意気がいいですね。それでは最後に読者の皆様に一言頂ければと思います。

仕事を通じて成し遂げたいこと

久木山:言葉にすると恥ずかしいですが、
私の目標は、雇用の創出を通して、スタッフさん、企業様へ貢献することです。そのために、日々努力してまいります。これからもどうぞよろしくお願いします。

山田:本日は取材にご協力いただきありがとうございました。

久木山:こちらこそ貴重な時間をありがとうございました。

今回は、秋葉原オフィスの人材アドバイザーである久木山さんを紹介させて頂きました。
また定期的に秋葉原オフィスメンバーを紹介していきたいと思います。

今後とも「カインズサービス秋葉原オフィス」を宜しくお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございます。