「キャリアのVSOP論」を意識して自分のキャリアプランと向き合ってみよう

カインズサービス編集部の山田です。「キャリアのVSOP論」って聞いたことありますか?

「VSOP」と言えば、ブランデーの等級のひとつですが、ここではまた別の「VSOP」を指しています。

「キャリアのVSOP論」とは、年代ごとに「求められるスキル」を言語化したものです。

V・S・O・P、それぞれの頭文字をとって、「キャリアのVSOP論」では、各年代ごとに「求められるスキル」をこのように定義しています。

キャリアのVSOP論:カインズサービス

画像※カインズサービス制作

V→20代はバイタリティ 

S→30代はスペシャリティ 

O→40代はオリジナリティ 

P→50代はパーソナリティ



各年代に求められるスキルを解説しながら、自分の「人生・キャリア」と、どのように向き合っていけばいいのか、一緒に考えてみましょう。

<おすすめ記事一覧>

>>会社の不満や仕事の愚痴を言う人に圧倒的に不足していること

>>月曜日がつらいあなたへ。ブルーマンデー症候群を克服する5つの方法

20代は「バイタリティ(V)」を意識しよう

20代は「バイタリティ(V)」を意識しよう

20代は「バイタリティ」こそ大切。とにかく色々な体験をしましょう。

諸説によると、今は「バラエティ」とも言われていて、好きなことだけやるのではなく、苦手なことも含めて多彩な経験をすることが大切です。

失敗を恐れずに気軽にトライできるのが20代の特権。なんでも一番に名乗り出るくらい、すべてにおいて勇気を出して、積極的にチャレンジしましょう。

20代はチャレンジに対するリスクがほとんどありません。

エネルギーが溢れている時に、たくさん失敗を積み重ねて、自分の視野を拡げておくことで、自分の得意な分野や方向性が見極められるはず。

30代は「スペシャリティ(S)」を意識しよう

30代は「スペシャリティ(S)」を意識しよう

30代は「スペシャリティ」です。とにかく自分の専門分野を突き詰めましょう。

20代の時に多くの体験をしたことで、なんとなく自分の得意分野が理解できているはず。

自分が得意だと感じている分野を深堀りしていくのが30代です。

つまり、30代は「自分はこの分野で勝負するんだ!」と決意して方向性を決める年代とも言えます。

「◯◯と言えば、あの人に相談してみよう!」このように、自分にハッシュタグ(#)をつけるのが30代のうちにやるべきことです。

30代で、自分のハッシュタグがないという人は、あらためて、今の自分に何ができるのか?そして、自分は何の専門家になれるのか?

日頃から、このようなことを自問自答していくことが大切です。

40代は「オリジナリティ(O)」を意識しよう

40代は「オリジナリティ(O)」を意識しよう

40代は「オリジナリティ」です。とにかく「自分にしかできない仕事」を意識していきましょう。

専門性を持った30代が増えていく中で、30代の人材と同じ土俵で戦っていても、差別化はできませんし、更なる成長はできません。

30代で磨きあげた専門性と共に「自分らしさ」を追求するのが40代の醍醐味だとも言えます。

周囲に「あの人が手がける仕事は面白いよね」と言ってもらえるような、あなたならではの「オリジナリティ」のある仕事を意識する必要があります。

自分の持てる独創性を活かし、「あなたにしかできない仕事」をやり遂げることを意識しましょう。

50代は「パーソナリティ(P)」を意識しよう

50代は「パーソナリティ(P)」を意識しよう

50代は「パーソナリティ」です。シンプルに言うなら自分の持てる「人間性」や「人間力」で勝負していく年代です。

その為には、これまで積み上げてきた「信頼」で仕事をすることが必要です。

周囲の人間に「あの人に付いていきたい」「あの人がいるなら頑張れる」「あの人のようになりたい」、こんな風に思わせる人間力を、50代までに身につけておきたいものです。

「地位が高い」「資産がある」「仕事ができる」と言うことではなく、あなたが周囲の人から「信頼されている人」なのかどうかで、自分の価値が決まるといっても過言ではないでしょう。

人生100年時代。いくつになっても学び続けることが大切

人生100年時代。いくつになっても学び続けることが大切


「キャリアのVSOP論」は定年退職が当たり前だった時代に作られている為、50代までを対象としていますが、現代は人生100年時代です。

いくつになっても自分のキャリアと向き合い、学び続けることが大切でしょう。

ここで「キャリア」という言葉が持つ概念について調べてみました。

厚生労働省が提唱しているキャリアの概念の中には、『時間的持続性ないしは継続性を持った概念』と定義されています。

そう考えるとキャリアとは人生そのもの。自分の人生が続く限り、キャリアから目を背けることはできないのでしょう。

本記事があなたの「人生キャリア」を考える機会になれば幸いです。

派遣登録だけでもしてみませんか?

派遣会社カインズサービスは「登録無料」

派遣社員としての働き方に興味のある方は、すぐに働かなくても派遣登録だけでもしておきませんか?

希望する働き方や仕事の条件などを考慮してのご提案をさせていただきます。

>>カインズサービスへ登録する